黒ずみケアをするにはまず黒ずみの原因と解消

膝の黒ずみが起こる原因とは

膝は体の中でも特に黒ずみが出来やすいパーツです。
膝の黒ずみが起こる原因としては、摩擦が挙げられます。
人間の皮膚は擦れたりなど摩擦によって、メラニン色素が生成される仕組みとなっています。
メラニン色素は通常、肌のターンオーバーという作用によって、垢と一緒に排出されるのですが常に摩擦を受け続けると、どうしても排出が間に合わなくなるのです。
そして、メラニン色素が肌細胞に沈着し、黒ずみとなってしまいます。
膝をつく動作が多いと、どうしても摩擦からメラニン色素が生成されます。
また、膝をつく事が少なくてもスキニーなど、ぴったりとしたボトムを履く機会が多いと、やはり皮膚が擦れやすくダメージから、黒ずみを起こしがちです。
この他に紫外線のダメージも、黒ずみを引き起こす原因となります。
ミニスカートやショートパンツといった、膝が出るファッションの時に脚の紫外線対策が不十分だと、日焼けから黒ずみを起こしやすいのです。
膝は皮脂の分泌が少なく、元々黒ずみが出来やすいと言われています。
黒ずみが出来やすい部分に加え、摩擦や紫外線といったダメージを受けやすいという事もあり、他のパーツよりも特に膝は黒ずみが起こりやすいのです。

自宅でできる膝の黒ずみをとる方法

膝は特に黒ずみが出来やすいパーツです。
そのままケアをせずにいると、どんどん黒ずみは悪化してしまいます。
自宅で出来る簡単なケアであれば、続けやすく試しやすいでしょう。
膝の黒ずみをとる方法としては、まずピーリングケアがおすすめです。
黒ずみはメラニン色素や古い角質が溜まって起こります。
ですので、まずはメラニン色素・古い角質を取り除く必要があるのです。
ピーリング石鹸で洗う事により、角質ケアができるのでメラニン色素や古い角質を、除去する効果が期待できます。
ただ、この時ゴシゴシと洗ってしまうと、その刺激によって新たな黒ずみが起こりやすくなります。
頻繁にピーリグケアをする事も、肌トラブルを招く原因です。
洗う際は優しく洗い、1週間に1回程度のピーリングケアに留めましょう。
ピーリングした後はより美白成分が浸透しやすくなるので、美白化粧品でケアする事をおすすめします。
この他に重曹でのケアも、黒ずみ解消に有効です。
重曹は汚れなどを吸着する作用や、軽いピーリング作用があると言われています。
水と重曹を合わせクリーム状になるまで混ぜたもので、マッサージすると効果的です。
この時、はちみつやヨーグルトといった保湿成分を一緒に混ぜると、オリジナルの重曹クリームが出来ます。